福岡国際マラソンの招待選手が発表、世界記録保持者のキメット参戦

12月6日に開催される福岡国際マラソンの招待選手が発表されました

12月6日に開催される福岡国際マラソンの招待選手が発表されました。
世界記録を持つキメットを初めとしてPBで2時間5分を切っている選手が4人参加します。

海外招待選手
no name age PB 最近の記録
1 DENNIS KIPRUTO KIMETTO 31 KEN 2:02:57 WR 2:05:50 London 26 APR 2015
2 PATRICK MAKAU MUSYOKI 30 KEN 2:03:38 2:08:22 Fukuoka 07 DEC 2014
3 GETU FELEKE 29 ETH 2:04:50 2:05:41 Wien 13 APR 2014
4 BERNARD KIPROP KOECH 27 KEN 2:04:53 2:08:02 Rotterdam 12 APR 2015
5 SAMUEL TSEGAY 27 ERI 2:07:28 2:14:41 Moskva (Luzhniki) 17 AUG 2013
6 AMANUEL MESEL 24 ERI 2:08:17 2:08:18 Warszawa 26 APR 2015
7 SERHIY LEBID 40 UKR 2:08:32 2:10:21 London 26 APR 2015
8 CUTHBERT NYASANGO 33 ZIM 2:09:52 2:22:15 Beijing 22 AUG 2015
9 PAULO ROBERTO PAULA 36 BRA 2:10:23 2:11:40 Moskva (Luzhniki) 17 AUG 2013
10 DYLAN WYKES 32 CAN 2:10:47 2:10:47 Rotterdam 15 APR 2012

キメットは今年の春にも2時間5分代の記録を出しており、安定した走りが見れそうです。
一方、元世界記録保持者のマカウは去年の福岡国際優勝者なので、大会コンディションとコースを知っています。
優勝はこの2人のどちらかと思いますが、若手のコエチ、アマヌエルやサムエルも絡んでくるかもしれません。

過去にも2回世界最高記録が出ている高速コース福岡国際、もしかしたら世界記録がでるかもしれないと思うとワクワクします。

キメットが世界記録を出したベルリン2014

リオデジャネイロ五輪代表選考レース

国内選手は、リオ選考レースでもあるため、小林、川内あたりのガチ勝負が見どころです。
特に川内は、4年前の福岡国際で国内1位だったにもかかわらず、代表選考会で漏れています。
年齢的にも五輪に挑戦できるのは最後(のはず)なので、リベンジに期待しましょう!

国内招待選手
no name age 所属 PB 最近の記録
21 MARTIN IRUNGU MATHATHI 29 スズキ浜松AC 2:07:16 2:17:23 Fukuoka 07 DEC 2014
22 SER-OD BAT-OCHIR 34 NTN 2:08:50 2:10:15 Hamburg 26 APR 2015
23 KOJI KOBAYASHI 26 SUBARU 2:08:51 2:08:51 Tokyo 23 FEB 2014
24 JOSEPH KARIUKI GITAU 27 JFEスチール 2:06:58 2:15:13 Fukuoka 07 DEC 2014
25 YUKI KAWAUCHI 28 埼玉県庁 2:08:14 2:12:13 Zürich 19 APR 2015
26 Benjamin Ngandu 24 モンテローザ 2:09:19 2:09:19 Tokyo 22 FEB 2015
27 CHIHARU TAKADA 34 JR東日本 2:10:03 2:12:27 Warszawa 26 APR 2015
28 HIROKI KADOTA 30 カネボウ 2:10:46 2:10:46 Oita 31 JAN 2015
29 KAZUKI TOMARU 28 トヨタ自動車 2:11:25 2:11:25 Berlin 28 SEP 2014
30 YOSHIKI OTSUKA 28 愛知製鋼 2:11:40 2:11:40 Fukuoka 07 DEC
Sponsored link

関連記事