世界クロスカントリー2017 カンパラ・ウガンダ 日本人出場選手

2017年3月26日(日)世界クロスカントリー選手権2017 IAAF World Cross Country Championships 2017

結果速報はこちら

2年に1度開催される世界クロスカントリー選手権大会。42回大会の今年はアフリカのウガンダの首都カンパラで3月26日(日)に開催されます。
今回は60カ国から557人がエントリー、日本からは21人がエントリーしています。

世界クロカンでの日本人最高位は、1999年イギリス大会でのジュニア女子3位の藤永佳子さん(諫早高3)。唯一の日本人メダリストです。

参加国一覧

参加国一覧

日本人選手21人

シニア男子10km 5人
  • 東 遊馬 九電工
  • 山口 浩勢 愛三工業
  • 大塚 倭  神奈川大学
  • 大野 日暉 神奈川大学
  • 前田 将太 大東文化大学
シニア女子10km 4人
  • 一山 麻緒 ワコール
  • 堀 優花 パナソニック
  • 森田 香織 パナソニック
  • 佐々木 文華 第一生命グループ
U20男子8km 6人
  • 齋藤 椋 秋田工業高校
  • 西山 和弥 東京農業大学第二高校
  • 千明 龍之佑 東京農業大学第二高校
  • 清水 颯大 洛南高校
  • 吉田 圭太 世羅高校
  • 酒井 耀史 須磨学園高校
U20女子8km 6人
  • 髙松 智美ムセンビ 大阪薫英女学院高校
  • 樺沢 和佳奈 常磐高校
  • 鈴木 颯夏 常葉学園菊川高校
  • 加世田 梨花 成田高校
  • 大西 ひかり 須磨学園高校
  • 猿見田 裕香 豊川高校

種目と開始日時

日本はミックスリレーにエントリーしていません。

スタート時刻 日本時刻 性別 種目 ROUND
14:00 20:00 X Mixed Relay Final
14:30 20:30 W U20 Race Final
15:10 21:10 M U20 Race Final
15:55 21:55 W Senior Race Final
16:55 22:55 M Senior Race Final

種目毎の周回数。1周は約2km

コースとコンディション

ウガンダの首都カンパラは人口は150万人。標高1,190mに位置し、3月下旬の平均気温は28C°湿度73%と蒸し暑く雨も多いようですが、それでも乾季だそうです。水道水はそのまま飲まないほうが良いとのこと。

競技会場はコオロ独立公園。コースは幅6mで1周約2km。ほとんどが芝に覆われています。3つの丘と1つの障害物があり1周の獲得標高は7m。

有力選手

シニア男子有力選手は、前回大会(Guiyang China 2015)優勝のGeoffrey Kamworor(KEN)。Kamwororは世界ハーフマラソン選手権2016(カーディフ)でも優勝しています。リオ五輪では10,000m 11位(27:31.94)でした。

他には、先月行われたケニアのクロスカントリー選手権で優勝しているLeonard Barsoton(KEN)、エチオピアのクロスカントリー選手権優勝の Getaneh Molla(ETH)など。

シニア女子はケニア勢が有力視されています。前回大会優勝のAgnes TIROP、リオ五輪1500m優勝のFaith Kipyegonなど、リオ五輪のメダリスト達も参加しており、エチオピア勢よりもケニアのほうが強力です。

賞金がでます

過去の戦歴・データなどはこちらの大会プログラムに

関連記事