2020東京五輪 マラソン代表選考の新方式と予選大会

東京五輪マラソン代表を選考する新方針が検討されています

東京五輪マラソン代表を選考する新方針が検討されています。

従来の予選大会から選考される方法は不透明性に欠けていたため、一発勝負の選会大会が2019年秋以降に開催されるようです。

代表枠は男女3名。

新しい選考方法では、2017年から2019年春までの予選から基準タイムと順位をクリアした選手が選考会の出場権を獲得。
2019年秋(以降)にある選考大会では、男女上位2名が自動的に内定。

残り1枠は予選大会において(設定記録突破)最速選手を選出。設定記録の突破者が出なければ、選考大会3位が選ばれます。

新しい選考方法については、4月上旬に正式発表予定です。

予選大会(予定)

男子 予選大会
  • 2017年8月 世界陸上(ロンドン)
  • 2017年8月 北海道
  • 2017年12月 福岡国際
  • 2018年2月 別府大分毎日
  • 2018年2月 東京
  • 2018年3月 びわ湖毎日
  • 2018年8月 アジア競技大会(ジャカルタ)
  • 2018年8月 北海道
  • 2018年12月 福岡国際
  • 2019年2月 別府大分毎日
  • 2019年2月 東京
  • 2019年3月 びわ湖毎日
女子 予選大会
  • 2017年8月 世界陸上(ロンドン)
  • 2017年8月 北海道
  • 2017年11月 さいたま国際
  • 2018年2月 大阪国際女子
  • 2018年3月 名古屋ウィメンズ
  • 2018年8月 アジア競技大会(ジャカルタ)
  • 2018年8月 北海道
  • 2018年11月 さいたま国際
  • 2019年2月 大阪国際女子
  • 2019年3月 名古屋ウィメンズ

※上記の他に海外レースでの好成績者も選考される見込み

関連記事