浜松シティマラソン2016結果[速報] 男女共に地元スズキ浜松ACがV

ハーフマラソン29歳以下の部の男子は片川準二選手(スズキ浜松AC)が1:07:16で初優勝

強風の中を全種目計9,713人が出走し、9,330人が完走。

ハーフマラソン29歳以下の部の男子は片川準二選手(スズキ浜松AC)が1:07:16で初優勝
同女子は牧川恵莉選手(スズキ浜松AC)が1:13:47で頂点に立った。

片川選手は、

「準備が不十分だったことに加え、強風で厳しいレースだった」

と振り返った。
2週間前にインフルエンザを発症し、スタートするまでは不安もあったが、5~6キロ地点の上り坂で、一気に勝負を仕掛けた。

「誰もがつらいと感じるポイントだからこそ、スピードを上げた。」

と語ってる。

大東文化大学で箱根の経験もある片川選手、2015静岡マラソンを初挑戦ながら2時間16分31秒の大会記録で優勝している。

写真は静岡新聞より

Sponsored link

関連記事