【中継】東京マラソン2016 結果 日本人トップは高宮祐樹(28 ヤクルト)

東京マラソンの中継です

ゴール

優勝.フェイサ・リレサ(エチオピア)2:06:56
2.バーナード・キピエゴ(ケニア) 2:07:34
3.ディクソン・チュンバ(ケニア)2:07:35
4.スティーブン・キプロティチ(ウガンダ)2:07:46
5.アベル・キルイ(ケニア)2:08:06

日本人トップ.高宮 祐樹(28 ヤクルト) 2:10:57
2.下田 裕太 2:11:34
3.一色 恭志 2:11:45
4.服部 勇馬 2:11:46
5.今井 正人 2:12:18

下田は笑顔でゴール。一色がゴール直前で服部を交わし3位

高宮「ゆっくりしたペースで後半拾っていけるレースができた。リオはわからないけど、8分、9分で走れる練習したい」
下田「ゆっくりしたペースで自分にはちょうどよかった。嬉しい」
一色「下田に負けたのが悔しい。初マラソンは死ぬかと思ったw」
服部「35kmからおちて力不足を感じた。次につなげたい」

その他の選手記録
佐野 広明 2:13:10
松村 康平 2:13:46
出岐 雄大 2:15:49
村山 謙太 2:16:58
藤原 新 2:20:23
五ヶ谷 宏司 2:21:05
宇賀地 強 DNF

女子トップはヘラー・キプロプ(ケニア) 2:21:26初優勝、大会記録
2.アマネ・ゴベナ(エチオピア) 2:21:51
3.エドナ・キプラガト(ケニア)2:22:36
4.アベル・ケベデ(エチオピア)2:23:01
5.ベルハネ・ディババ(エチオピア)2:23:16
日本人女子トップは奥野有紀子(23 資生堂)2:31:17

41.5km

高宮日本人トップ確信。下田が服部を抜き2位に

40.6km

リネサがしかけてチュンバを引き離す。チュンバはついていけず

40.2km

高宮が前に、服部は苦しそう。ついて行けず

39.7km

服部苦しそう。高宮との差は8秒、下田も追い上げる

38.5km

高宮が下田を追い越し日本人2位に
服部、高宮、下田の順位。服部はペースがおち、高宮が追い上げる展開

38km

トップはチュンバとリネサの駆け引き

36.8km

服部は沿道の声援に応える余裕。日本人2位は下田。高宮、今井が続く

35.2km

服部が前に出て日本人トップに
日本人順位は、服部、村山、すぐ後ろに青学の下田、直後に今井、藤原など、2位争いは熾烈に

35km

トップは1時間44分で通過
村山のタイムは1時間48分で通過、すぐ後ろに服部

34km

トップは2人、チュンバとリネサの争いに、ペースは2:45ほど
村山と服部の差は20秒ほど、村山のペースは落ちて、服部が追い上げる

32km

服部が第2集団から飛び出す
日本人トップ村山は苦しそうな顔に

30km

トップ集団からキプタヌイ遅れて6人の争いに
トップからチュンバが前に出る
第2集団からは、藤原、服部、今井、などが前に出て集団は縦長に

25kmすぎ

村山 ハーフを過ぎたところでトップ集団から遅れる
第2集団28人との距離は約500mトップと第2集団の差は約1km

20km

村山 2時間05分ペースの先頭集団についている

15km

44分25秒程。日本記録をはるかに上回るペースの海外招待選手先頭集団に日本人は村山のみついていく

Sponsored link

関連記事