【攻略】NAHAマラソン

NAHAマラソンはお祭り要素が高い大会。沢山の応援と充実すぎる私設エイドにリピーターが多く参加しています。上って下って最後はフラットとメリハリ効いたコースは後半が勝負どころです。

過去の大会データ

制限時間は緩いし、楽しい大会であれば完走率は高いはず!?
過去の記録から大会傾向を見てみましょう。

参加者と完走率

開催年 申込者 出走者 倍率 完走 完走率
2007 26,286 23,448 1.1倍 15,080 64.3%
2008 30,333 26,973 1.1倍 18,653 69.2%
2009 33,906 30,081 1.1倍 20,860 69.3%
2010 26,425 23,402 1.1倍 16,845 72.0%
2011 27,042 23,988 1.1倍 17,059 71.1%
2012 27,843 24,333 1.1倍 17,657 72.6%
2013 31,170 27,697 1.1倍 19,275 69.6%
2014 29,568 26,905 1.1倍 20,059 74.6%

完走率は7割前後と市民マラソン大会にしては低い結果となっています。
実は、参加者の7割は沖縄県民です。沖縄県民にとってNAHAマラソンは、家族総出で、友人同士で、職場や地域の仲間で、赤ちゃんからお年寄りまで沿道に集まり、声をからして応援するお祭りなんだそうです。走る人も走らない人もみんなで参加するお祭り、完走しなくても「なんくるないさ」といった雰囲気が完走率に現れているようです。
また、年々、県外からのまた海外からのリピーターが増えているそうです。

2014年大会の完走者の時間帯を見てみましょう。

2014完走者の時間帯

開催年 サブ3 サブ4 サブ5 サブ6 サブ7+完走
2014 116 1,873 4,764 14,520 3,837
割合 0.6% 9.3% 24.3% 51.8% 13.9%

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


市民マラソン大会の中ではサブ3率がちょっと低い大会のようです。
圧倒的に多いのはサブ6(5時間台)で、約6割をしめています。この人達は、明らかに楽しんで走ってますね(笑)。最低限完走はしておこうというレース運びではないでしょうか。実力的には4時間台で走れるけれど、NAHAマラソンだけは楽しんで走ろうというランナーも多いと聞きます。

一方でトップランナー達はどのような走りをしているのでしょうか。

歴代の優勝、10位のタイム

優勝 男子10位 女子優勝 女子10位
2007 2:30:55 2:40:48 2:52:26 3:16:56
2008 2:28:24 2:35:38 2:43:57 3:12:17
2009 2:25:50 2:35:05 2:50:42 3:15:51
2010 2:26:41 2:39:31 2:59:27 3:15:02
2011 2:25:01 2:37:21 2:58:04 3:19:41
2012 2:27:03 2:43:01 2:51:52 3:21:50
2013 2:27:56 2:39:14 2:53:34 3:16:34
2014 2:13:43 2:38:08 2:48:06 3:11:32

優勝、10位タイムの推移

2014年大会で優勝した川内優輝の2:13:43が大会記録です。
過去30回大会で10分台で走っているランナーは彼以外にいません。
女子は、サブ3で完走できれば入賞は間違いないでしょう。

沖縄は12月でも暑い?次では大会の気象データを見てみましょう。

【次ページ】NAHAマラソンの気象データ

関連記事