名古屋ウィメンズマラソン2016 招待選手のコメント

名古屋ウィメンズマラソン2016の招待選手記者会見が行われ8選手がコメント

野口みずき選手(37 シスメックス)

「リオのオリンピックの選考レースで、また私にとって最後のオリンピックに向けての挑戦。しっかり悔いの残らないように、強い気持ちをもって挑みたい。優勝したら五輪に近くなるということ。タイムの設定はせず、全力で走り切る」
「広瀬総監督と(所属の)山口マネジャーがそばで支えてくれたことが大きかった。何度もやめようと思ったけど、2人がいてくれてもう1度、夢である五輪の舞台へ、という気持ちが途切れなかった」

木﨑良子選手(30 ダイハツ)

「ロンドンを経験して、その時は参加するだけで終わってしまい、ゴールしてからやっぱりもう一度この舞台に立ちたいという想いになり、次こそはこの舞台で勝負したいという気持ちになった。絶対にリオの舞台にたって勝負したいので、行きたいという気持ちがすごく強い」

早川英里選手(34 TOTO)

「これまでの競技生活で、五輪選考レースにも何度か出場しましたが、オリンピックを強く意識して走ったレースはありません。はじめて(オリンピックを意識して)望む大会なので、しっかりレースの流れに乗って勝負したい」

田中智美選手(28 第一生命)

「マラソンでオリンピックに出るというのを目標に入社したので、すごい思い入れのあるレースになると思う。いつもどおり冷静に走りたい」

岩出玲亜選手(21 ノーリツ)

「初めてオリンピック選考、まずは楽しみながら走ることと、もう一つは私のマラソンを走りたいと思った原点である野口みずきさんと走れるということで、それもしっかり楽しみにながら走りたい」

小原怜選手(25 天満屋)

「自分の力をしっかり出し切って、このチャンスをしっかりつかみたい」

沼田未知選手(26 豊田自動織機)

「オリンピックは憧れの舞台なので数少ないチャンス。最後まで粘ってチャンスをつかめる様に頑張りたい」

ユニスジェプキルイ・キルワ選手(31 バーレーン)

「今回名古屋に戻ってこようと思ったのは、リオ五輪へのトレーニングという意味が1つ。ここでまたコースレコードを破るような良い走りをし、リオのメダルを目指したい」

Sponsored link

関連記事