奈良マラソン201533

【攻略】奈良マラソン

奈良県唯一のマラソン大会。大きなアップダウンがいくつもあるハードコースですが、世界遺産や美しい紅葉などの見所が多く、人情味溢れる運営に人気の大会となっています。

奈良マラソンの攻略ポイント

・大きなアップダウン3回+小さなアップダウン
・真冬の大会なので防寒対策をしっかり

アップダウン高低差40mを1回と70mを2回越えるコース

まずはコースの標高データを見てみましょう。(コース全体地図はこちらから
奈良マラソン標高データ
累積標高は約350mです。おおよそ10km,20km,30km地点に大きなアップダウンがあります。これをいかに攻略するかが奈良マラソンのポイントになります。その他にも細かなアップダウンがあり、特に後半はアップダウンが続きます。前半から無理なペースで入ると後半苦しむことになるので注意が必要です。

寒さ対策

奈良は盆地です。寒い日には日中の温度が5度まで上がらない事もあります。
どのくらい寒いのか、過去の気象データを見てみましょう。

奈良マラソン 過去の気象データ

日付 時刻 天候 気温(℃) 湿度(%) 風速(m/s) 風向   降水量(mm) 平均気温 最高気温 最低気温
2010 12月5日 9時 快晴 9.0 74 1.1 南南西 0.0 7.7 16.8 1.6
12時 快晴 14.3 49 1.8 南南西 0.0
2011 12月11日 9時 曇り 4.9 73 0.3 東南東 0.0 5.2 10.4 1.1
12時 曇り 8.6 52 2.2 西北西 0.0
2012 12月9日 9時 曇り 3.4 69 1.4 西北西 0.0 2.6 6.9 0.1
12時 曇り 6.1 42 3.0 西 0.0
2013 12月8日 9時 晴れ 6.8 74 1.8 0.0 6.2 11.1 1.6
12時 晴れ 10.1 60 1.5 北北東 0.0
2014 12月14日 9時 晴れ 2.7 60 2.0 0.0 3.4 7.3 0.2
12時 晴れ 4.6 51 2.7 南南西 0.0

2014年大会では日中の最高気温が7.3度、スタート9時では2.7度と気温は高くありません。風が吹けば体感温度は0度程度になるので、しっかりとした防寒が必要です。なお、強い風が吹く日は無いようですが、風の向きが定まっていません。

サブ3を目指すような強く走るランナーには寒いぐらいの気温がちょうどいいので、防寒は手袋程度でも大丈夫です。しかし、ほとんどの人はきちんとした防寒対策をしましょう。

できるだけ肌を寒気にさらさないように、帽子、耳当、ネックウォーマー、手袋(濡れた場合の予備を持つ)、ウェインドブレーカー、長タイツなどを使いましょう。走り出すと汗で内部が蒸れてくるので、脱着し易いもの、軽くて透湿機能のものを選ぶようにしましょう。

また、エイドでコップを取るときは、面倒ですが毎回手袋を外してコップを取ったほうが、濡れた手袋で指先を冷やさずにすみます。指先を冷やしてしまうと補給食を取ったり、靴紐のしめ直しなどができなくなるので用心しましょう。
雨の日には高透湿の合羽を着て、防水ソックス、防水手袋を使うのもいいかもしれません。

これだけ見ると奈良マラソンは厳しそうな大会ですね。でも完走率は結構高いんです。次では過去の完走記録を見てみましょう。

大会要項

名称 奈良マラソン2015
開催日 12月13日(日) 9:00 マラソンスタート
種目 マラソン(日本陸上競技連盟公認/AIMS公認)
定員 マラソン12,000人
参加料金 マラソン 8,200円
大会要項詳細リンク http://www.nara-marathon.jp/

【次ページ】奈良マラソン 完走データ

Sponsored link

関連記事