長野マラソン2016

長野マラソン2016 招待選手、ゲストランナーと歴代記録

2016年4月17日に開催される第18長野マラソンの招待選手、ゲストランナーが発表されました。
長野マラソン

2016男子招待選手

氏名 所属 年齢 PB 主な記録
MUTAI Laban KEN 28 2:08:01
(2012ケルン)
2:09:55
(2015バレンシア)
CHANCHIMA Jairus KEN 31 2:07:43
(2012ソウル国際)
2:10:37
(2013アモイ国際)
JOSEPH Fabiano TAN 30 2:13:24
(2006アムステルダム)
2:13:57
(2015防府読売)
SUMMERS Harry AUS 25 1:03:34
(2012ゴールドコースト)
28分13秒23
(2012パロアルト10000m)
BATOCHIR Serod NTN 34 2:08:50
(2014福岡国際3位)
2:11:18
(2015びわ湖毎日3位)
門田 浩樹 カネボウ 30 2:10:46
(2015別府大分毎日2位)
伊藤 太賀 スズキ浜松AC 29 2:11:15
(2013東京15位)
2:11:52
(2013ゴールドコースト2位)
石田 和也 西鉄 31 2:11:57
(2012延岡西日本優勝)
2:12:25
(2016別府大分毎日4位)
利根川 裕雄 アルプスツール 44 2:18:55
(2014東京31位)
小山 祐太 コトヒラ工業 31 2:20:43
(2013長野6位)
牛山 純一 茅野市役所 32 2:22:28
(2015福岡国際)

2016女子招待選手

氏名 所属 年齢 PB 主な記録
TEJEDA Gladys PER 30 2:28:12
(2015ロッテルダム)
1:10:14
(2016世界ハーフ9位カーディフ)
MUGO Hellen KEN 30 2:29:59
(2012コシツェ)
2:32:00
(2013コシツェ)
INSERMU Shasho ETH 22 2:32:42
(2016マラケシュ)
2:34:02
(2015ラバト)
吉田 香織 ランナーズパルス 34 2:28:43
(2015さいたま国際2位)
2:33:14
(2015北海道2位)
KEBASO Winfridah ニトリ女子ランニングチーム 31 2:32:08
(2015さいたま国際5位)
岩村 聖華 エディオン 31 2:33:15
(2010大阪国際女子)
2:41:19
(2013長野3位)
木下 裕美子 SWAC 29 2:35:49
(2015東京10位)
2:39:38
(2014長野5位)

2016視覚障がい者の部招待選手

井口 深雪
長野県視覚障がい者マラソン協会 42歳
主な記録 1998長野パラリンピックバイアスロン金メダリスト

スペシャルゲスト

高橋 尚子

ゲストランナー

エリック・ワイナイナ

ライツA.C(東京)/42歳
■自己最高記録 2:08:43(2002東京国際優勝)
■主な記録 1996アトランタ五輪男子マラソン銅メダル、2000シドニー五輪男子マラソン銀メダル

砂田 貴裕

ラフィネランニングスタイル(東京)/43歳
■自己最高記録 2:10:07(2000ベルリン4位)
■主な記録 6:13:33(1998サロマ湖100キロ優勝)※世界記録

浅井 えり子

SEALS(東京)/56歳
■自己最高記録 2:28:22(1993名古屋国際女子4位)

尾崎 好美

第一生命(東京)/34歳
■自己最高記録 2:23:30(2008東京国際女子優勝)
■主な記録 2012ロンドン五輪女子マラソン代表

小林 祐梨子

(東京)/27歳
■主な記録 4分07秒86(1500m日本記録)
2008北京五輪女子5000m出場

西谷 綾子

(東京)/30歳
■自己最高記録 3:01:49(2016東京)

男子歴代記録 13分以内

大会記録は、2013年にフランシス・キビワット(ケニア)が出した2:09:05。歴代2位は2000年にエリック・ワイナイナ(コニカ)が出した2:10:17。ちなみに、ワイナイナはこの年開催されたシドニーオリンピックで銀メダル(2:10:31)を取っています。男子はケニア勢が強く、過去16大会中(2011大会含まず)12勝しています。日本人が勝ったのは2013年の川内優輝(2:14:27)のみ。日本人最高記録は2015年谷川智浩の2:11:39。ラストスパートするも惜しくも2位でした。

year 年順位 氏名 所属 記録
1 14回 2012 1 Francis KIBIWOTT KEN 2:09:05
2 14回 2012 2 Silas SANG KEN 2:09:10
3 2回 2000 1 エリック ワイナイナ コニカ 2:10:17
4 12回 2010 1 Nicholas CHELIMO KEN 2:10:24
5 14回 2012 3 Moses KANGOGO KEN 2:10:53
6 7回 2005 1 Issac MACHARIA KEN 2:10:59
7 14回 2012 4 Alexey SOKOLOV RUSSIA 2:10:59
8 8回 2006 1 Nephat KINYANJUI KEN 2:11:18
9 8回 2006 2 Georgiy ANDREYEV RUSSIA 2:11:19
10 7回 2005 2 Georgiy ANDREYEV RUSSIA 2:11:20
11 11回 2009 1 Issac MACHARIA KEN 2:11:21
12 12回 2010 2 Peter KARIUKI マツダ 2:11:30
13 17回 2015 1 ヘンリー チルチル KEN 2:11:39
14 17回 2015 2 谷川 智浩 コニカミノルタ 2:11:39
15 17回 2015 3 荻野 皓平 富士通 2:11:42
16 17回 2015 4 深津 卓也 旭化成 2:11:48
17 5回 2003 1 エリック ワイナイナ コニカ 2:12:00
18 17回 2015 5 伊藤 太賀 スズキ浜松アスリートクラブ 2:12:04
19 11回 2009 2 Girma TOLLA ETH 2:12:11
20 3回 2001 1 マクセルムセンビ KEN 2:12:20
21 11回 2009 3 Simon WANGAI KEN 2:12:34
22 8回 2006 3 Isaac MACHARIA KEN 2:12:44
23 12回 2010 3 Shadrack KIPLAGAT KEN 2:12:49
24 2回 2000 2 コスマス デティ KEN 2:12:52
25 12回 2010 4 高見澤 勝 佐久長聖教員クラブ 2:13:04
26 6回 2004 1 Moges TAYE ETH 2:13:09
27 17回 2015 6 山口 祥太 富士通 2:13:13
28 12回 2010 5 宮田 越 富士通 2:13:19
29 4回 2002 1 ジョサイア・チュグワネ RSA 2:13:23
30 1回 1999 1 KABIGA Jackson KEN 2:13:26
31 8回 2006 4 Mykola ANTONENKO UKRAINE 2:13:28
32 9回 2007 1 Nephat KINYANJUI KEN 2:13:31
33 9回 2007 2 Georgiy ANDREYEV RUSSIA 2:13:32
34 9回 2007 3 上條 記男 愛知製鋼 2:13:37
35 1回 1999 2 川嶋 伸次 旭化成 2:13:38
36 17回 2015 7 坂本 智史 プレス工業 2:13:49
37 16回 2014 1 Sergii Lebid UKRAINE 2:13:56

女子歴代記録 29分以内

女子大会記録は、2004年にエルフィネッシュ・アレム(エチオピア)が出した2:24:55。女子はロシア勢が強く過去10勝しています。毎年のようにロシアから招待選手が来日していたのですが、今年はドーピング問題の事もあり招待選手はいません。
日本女子が勝ったのは2001年の大西昭代(2:31:20)とこちらも一人だけ。最高記録は、堀江 知佳が2000年に記録している2:29:12です。

year 年順位 氏名 所属 記録
1 2回 2000 1 エルフィネッシュ アレム エチオピア 2:24:55
2 4回 2002 1 マディナ・ビクタギロワ RUS 2:26:09
3 2回 2000 2 ワレンティナ エゴロワ ロシア 2:26:26
4 10回 2008 1 Alevtina IVANOVA RUSSIA 2:26:38
5 4回 2002 2 ファツマ・ロバ ETH 2:27:16
6 9回 2007 1 Alevtina IVANOVA RUSSIA 2:27:48
7 6回 2004 1 Fatuma ROBA ETHIOPIA 2:28:05
8 7回 2005 1 アルビナ イワノワ ロシア 2:28:21
9 5回 2003 1 Madina BIKTAGIROVA RUSSIA 2:28:23
10 2回 2000 3 アラ ジリアエワ ロシア 2:28:27
11 1回 1999 1 YEGOROVA Valentina 2:28:41
12 12回 2010 1 Lisa WEIGHTMAN AUSTRALIA 2:28:48
13 10回 2008 2 Kate SMYTH AUSTRALIA 2:28:51
14 8回 2006 1 Albina IVANOVA RUSSIA 2:28:52
15 1回 1999 2 ALEMU Elfinesh 2:28:59
16 9回 2007 2 Dire TUNE ETHIOPIA 2:28:59
17 5回 2003 2 Alevtina IVANOVA RUSSIA 2:29:05
18 2回 2000 4 堀江 知佳 積水化学 2:29:12
19 8回 2006 2 Silvia SKVORTSOVA RUSSIA 2:29:28
20 9回 2007 3 Lyubov MORGUNOVA RUSSIA 2:29:33
21 8回 2006 3 Nina RILLSTONE NEW ZEALAND 2:29:46

Sponsored link

関連記事