【攻略】金沢マラソン

北陸新幹線の開業にあわせ初開催される金沢マラソン。第一回大会ということもあり抽選倍率は2.9倍とまずまずの人気です。

金沢マラソンのポイント

北陸新幹線の開業を記念して、2015年11月15日(日)に初開催される「金沢マラソン2015」。初開催ということもあり未知数な部分が多いのですが、コースなどでポイントとなりそうな部分をまとめてみました。

攻略ポイント
・コーナーが多いコース
・大会当日は雨?

現時点で気になる点は上記2点です。これについて解説します。
スタート地点の混雑や荷預け混雑、トイレ事情なども気になりますが現時点では未知数です。基本的には早めに行動して対処しましょう。

コースについて

金沢マラソンコース
金沢マラソンコース

金沢マラソン高低図
金沢マラソン高低図

10km過ぎの大乗寺丘陵公園近辺の標高70m弱がコース最高地点です。ここまで上り基調が続きます。序盤なので特に問題なく上れると思います。以後は下り基調になるので走り易そうですが、陸橋や橋もあり、細かなアップダウンはあります。

コーナー数が多い

気になるのは、コーナー数が多めということです。90度以上の鋭角コーナーが20以上あります。鋭角コーナーは、道幅にもよりますが、どうしても減速してしまうので、ペースを維持するのに体力を余計に使います。

また、15kmすぎにバイパスを離れて市街地へ旧街道を使って進むのですが、この道は狭く曲がり角が多いので、すでに渋滞は解消されているはずですが、ストレスを感じるかもしれません。沢山の応援があれば気にならないかもしれませんね。

コース詳細については非公式ですが、下記の動画が車でコース試走、説明されていてわかりやすいので紹介します。

金沢マラソンコース紹介動画

大会要項

名称 金沢マラソン2015
開催日 2015年(平成27年)11月15日(日)9:00スタート 制限時間7時間
種目 フルマラソン 日本陸上競技連盟、国際陸上競技連盟及びAIMS公認コース
定員 12,000人
参加料金 10,000円
大会要項詳細リンク http://www.kanazawa-marathon.jp/outline/index.html

次のページでは、雨が多い金沢の気候について説明しています。

【次ページ】大会当日は雨?

Sponsored link

関連記事