セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎  2016年5月8日(日)開催   HOME

セイコーグランプリ陸上2016 女子結果

IAAFワールドチャレンジ第3戦 セイコーゴールデングランプリ陸上 2016 川崎(2016年5月8日) 兼 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)代表選手選考競技

日程:2016年5月8日(日) 会場:神奈川県・川崎市等々力陸上競技場
男子結果はこちら

女子100m 風 :-1.7


POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 ティアナ・バルトレッタ USA 11.23
2 ブレッシング・オカグバレ NGR 11.30
3 バーバラ・ピエール USA 11.40
4 韋 永麗 CHN 11.51
5 袁 琦琦 CHN 11.67
6 メリッサ・ブリーン AUS 11.85
7 土井 杏南 大東文化大学 11.94
8 ブリアナ・ビーハン AUS 11.94

バルトレッタの話「リオデジャネイロ五輪は、100メートルと走り幅跳びで出場を狙っている。だから今日は(代表選考会の)全米選手権の準備として、良い大会になった」

女子200m 風 :-0.7

POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 モニカ・ブレナン AUS 23.54
2 林 慧君 CHN 23.92
3 青山 聖佳 大阪成蹊大学 24.00
4 市川 華菜 ミズノ 24.09
5 江口 琴美 埼玉大学 24.61
6 中島 藍梨 大阪成蹊大学 24.66
7 三宅 真里奈 甲南大学 24.85
中村 水月 大阪成蹊大学 DNS

ブレナンの話「今日のパフォーマンスについては、1600メートルリレーに出場した後としては満足している。リレーの後、体を休め、リラックスして臨めた。リオデジャネイロ五輪出場はまだ決まっていないが、それに向けて頑張っている。7月12日の最終選考より早く決めたい」

女子800m

POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 ティグストアセファ・テセマ ETH 2:00.66
2 ブリタニー・マクゴワン AUS 2:01.64
3 アンジェラ・ペティ NZL 2:01.70
4 アナスターシャ・トカチュク UKR 2:02.42
5 北村 夢 日本体育大学 2:04.57
6 アビー・デラモット AUS 2:04.90
7 ラタビア・トマス USA 2:05.14
8 大森 郁香 ロッテ 2:07.68
サマンサ・リンド AUS DNF

女子400mH

POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 ローレン・ウェルズ AUS 55.23
2 久保倉 里美 新潟アルビレックスRC 56.14
3 石塚 晴子 東大阪大学 56.75
4 ジャスミン・ハイダー USA 56.85
5 吉良 愛美 アットホーム 57.11
6 ジェス・グリナンスー AUS 58.09
7 藤原 未来 住友電工 58.58
8 リンジー・ペキン AUS 58.71

ウェルズの話「火曜の大会(静岡国際)では満足できなかったが、今日はステップを間違えずにハードルを越え、2番目に良いタイムを出せた。これほど速く走れるとは思っていなかったので、五輪に向けて自信になる」

女子3000mSC

POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 キャロライン チェプクルイ・トゥイゴング KEN 9:31.30
2 ロズリン・チェプンゲティチ KEN 9:35.90
3 ファンシー・チェロティチ KEN 9:45.31
4 ジョアン・チェプケモイ KEN 9:48.61
5 ニコル・ブッシュ USA 9:49.81
6 ブザエフ・モハメド EHT 9:51.92
7 高見澤 安珠 松山大学 9:53.82
8 森 智香子 積水化学 9:58.74
9 瀬川 帆夏 大東文化大学 9:58.81
10 向井 智香 名城大学 10:07.59
11 三島 美咲 松山大学 10:14.56

トゥイゴングの話「状態は悪くなかった。流れについて行けた。みんなで切磋琢磨(せっさたくま)しながら、レースができた」と振り返った。

女子走幅跳

POS ATHLETE COUNTRY MARK WIND
1 ティアナ・バルトレッタ USA 6m61 +1.7
2 ブルック・ストラットン AUS 6m55 -1.7
3 許 小令 CHN 6m47 +2.7
4 ジェシカ・ペニー AUS 6m35 +1.9
5 甲斐 好美 VOLVER 6m33 +0.5
6 ジェシー・ゲインズ USA 6m11 -1.3
7 山田 優 筑波大学 6m03 +1.7
8 平加 有梨奈 厚木市陸協 5m85 +2.0

バルトレッタの話「前回の試合から9カ月のブランクがあった。トレーニングを始めて2カ月。今日は100メートルと合わせて2種目あったので、疲れないように助走の距離を40メートルから35メートルに短くした」

女子三段跳

POS ATHLETE COUNTRY MARK WIND
1 ダナ・ベルダコバ SVK 13m76 +0.8
2 ネカ・オクパラ NZL 13m64 +1.0
3 李 艶梅 CHN 13m23 -0.5
4 宮坂 楓 日本発条 13m13 +2.4
5 李 小紅 CHN 13m73 -1.7
6 リニッカ・ピッツ USA 13m03 +1.7
7 アンナ・スタジャク POL 13m00 +0.9
8 ケリ・エマニュエル USA 12m26 +0.5

ベルダコバの話「昨晩ドーハから到着したばかりで疲れていたが、優勝できてよかった。リオでは決勝に残り、14メートル以上を跳びたい」

女子走高跳

POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 エリザベス・パターソン USA 1m93
2 スベトラーナ・ラジビル UZB 1m90
3 鄭 幸娟 CHN 1m90
4 プリシラ・フレデリク ANT 1m87
5 渡邉 有希 ミライト・テクノロジーズ 1m81
6 アナポーラ・デオリベイラ BRA 1m75
ナデジャ・ドゥサノワ UZB NM

パターソンの話「室内では1メートル95を跳んでいるが、1メートル93は屋外での自己ベスト。練習の成果を出せた。ゴールデングランプリでの優勝でリオ五輪選考の全米陸上に自信がついた」

女子やり投

POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 エリザベス・グリードル CAN 62m59
2 海老原 有希 スズキ浜松AC 62m13
3 北口 榛花 日本大学 61m38
4 サラ・コラク CRO 60m60
5 ブリタニー・ボーマン USA 59m29
6 宮下 梨沙 大体大TC 59m10
7 シンタ・オリゾナ LAT 57m27
8 マルツェリナ・ウィテク POL 56m84
9 佐藤 友佳 東大阪市陸協 50m85

キャサリン・ミッチェル,AUS,DNS,

グリードルの話「ドーハから昨晩着いて、調子が良いとは言えなかったが、五輪標準記録を突破でき、カナダ代表も決まった。リオでは今日のようにウオームアップからハードに投げて、表彰台に立ちたい」

女子走幅跳 T44

POS ATHLETE COUNTRY MARK WIND
1 中西 麻耶 大分県身体障害者陸協 5m22 +2.8
2 高桑 早生 エイベックスHD 4m85 -0.2

女子4x100mR

POS COUNTRY ATHLETE MARK
1 中国(CHN) 袁 琦琦/YUAN. Qiqi
韋 永麗/WEI. Yougli
葛 曼棋/GE. Manqi
梁 小静/LIANG. Xiaojing
42.83
2 日本A(JPN) N斎藤 愛美/SAITO. Ami
土井 杏南/DOI. Anna
世古 和/SEKO. Nodoka
エドバー イヨバ/EDOBOR. Iyoba
43.95
3 オーストラリア(AUS) ジェシカ・ペリス/PERIS. Jessica
ブリアナ・ビーハン/BEAHAN. Brianna
アビー・タデオ/TADDEO. Abbie
クリスティーン・ウェアン/WEARNE. Christine
44.58
4 日本B(JPN) 北風 沙織/KITAKAZE. Saori
中村 水月/NAKAMURA. Mizuki
柴山 沙也香/SHIBAYAMA. Sayaka
宮澤 有紀/MIYAZAWA. Yuki
44.78

女子4x400mR

POS COUNTRY ATHLETE MARK
1 日本(JPN) 青山 聖佳/AOYAMA. Seika
市川 華菜/ICHIKAWA. Kana
樫山 楓/KASHIYAMA. Kaede
吉良 愛美/KIRA. Manami
3:33.72
2 オーストラリア(AUS) サマンサ・リンド/LIND. Samantha
モニカ・ブレナン/BRENNAN. Monica
リンジー・ペキン/PEKIN. Lyndsay
ジェス・グリナンスー/GULLI NANCE. Jess
3:36.23
Sponsored link

関連記事