【攻略】下関海響マラソン

瀬戸内海と日本海の二つの海沿いを走る「風光明媚なコース」が人気の大会です

瀬戸内海と日本海の2つ海を一度に楽しめるマラソンは日本でここだけ。(萩往還マラニックもありますが瀬戸内側はタッチ&ゴーなので)
海と同じく、コースも瀬戸内側は穏やかで、日本海側はハードになっています。風光明媚なコースと暖かい応援、完走後にはフク汁が提供されるなど、給食が充実していることでも人気です。

関門橋(下関側)

大会要項

スタートは8時半と早いのでアフターを楽しめますね。

名称 下関海響マラソン2015
開催日 2015年11月1日(日)
種目 マラソン(公認)、5km、2km
定員 マラソン10000人
スタート 8時30分
制限時間 6時間(関門11箇所)
参加料金 マラソン(一般7000円、チャリティ8000円)
大会要項詳細 http://kaikyomarathon.jp/guideline.html

カテゴリ別入賞タイム(グロス)

男子の優勝タイムは年々少しずつ下がってきています。
一方女子は、50代以上でタイムが伸びています。2014年の50代優勝タイムは一般20代、30代よりも上です。また、40代でサブズリーが続いていますが同じ方が記録し続けています。

フルマラソン男子 登録 29歳以下 30代 40代 50代 60代 70歳以上
2012 2:27:56 2:39:30 2:27:49 2:37:21 2:54:11 3:04:23 3:28:33
2013 2:28:15 2:44:35 2:39:39 2:40:46 2:41:50 3:07:12 3:31:03
2014 2:27:38 2:51:48 2:44:26 2:41:57 2:43:15 3:08:42 3:33:08
フルマラソン女子 登録 29歳以下 30代 40代 50代 60代 70歳以上
2012 2:49:27 3:16:23 3:08:29 2:56:27 3:13:54 4:00:18 4:24:13
2013 2:49:36 3:08:06 3:13:01 2:58:43 3:46:53 3:56:15 4:35:35
2014 2:49:50 3:26:17 3:17:46 2:57:49 3:06:36 3:27:55 4:21:02

男子優勝タイム
男子優勝タイム
女子優勝タイム
女子優勝タイム

カテゴリ別完走人数

マラソン大会は30代、40代から成り立っているというのがよく分かります。

フルマラソン男子 登録 29歳以下 30代 40代 50代 60代 70歳以上
2012 264 905 1613 1688 1087 458 60
2013 324 1012 1699 1900 1200 435 52
2014 396 1002 1663 1980 1258 476 79
フルマラソン女子 登録 29歳以下 30代 40代 50代 60代 70歳以上
2012 50 239 319 345 173 47 7
2013 43 245 341 395 196 52 2
2014 51 239 319 329 209 65 5

男子完走人数
男子完走人数
女子完走人数
女子完走人数

気象データ

11月1日の過去の気象情報によると、雨はあまり多くなく降っても少量です。
気温は平均で15度前後とマラソンには丁度よいコンディションです。晴れれば日中は20度まで気温が上がるので暑く感じますが、曇りの日は日中でも朝8時の温度とほぼ同じになります。
また、風が強く吹く日がまれにあり特に朝方には強い風が吹く日があります。

日付 時刻 天候 気温(℃) 湿度(%) 風向 風速(m/s) 降水量(mm) 平均気温 最高気温 最低気温
2011.11.1 8時 晴れ 16.8 72 1.7 - 19.6 23.5 16.3
12時 晴れ 21.4 68 3.0 -
2012.11.1 8時 晴れ 14.5 48 西北西 9.1 - 14 16.1 12
12時 曇り 14.5 48 西北西 7.4 -
2013.11.1 8時 快晴 15.2 74 東南東 0.9 - 17.4 21.4 13.7
12時 快晴 20.2 55 2.0 -
2014.11.1 8時 曇り 19.3 91 1.7 0.0 19.5 20.3 18.8
12時 曇り 19.9 91 1.4 0.0

攻略ポイント

コース高低図

前半はフラット、後半はアップダウンの連続コースです。誰でも後半がポイントだと言うことはわかりますね。しかも、後半の日本海側は風が強く吹くことがあり、疲れたランナーには追い打ちとなりますが、景色が良いので相殺されます(笑)。

作戦は2つに分かれます。
(1)後半粘るので前半から突っ込んで行く
(2)後半に備えて前半はセーブする

後半のアップダウンを考えるとこのコースでPBを出すには、夏場の走り込みがしっかりできているか否かが影響してきます。今年の夏はいかがでしたか?山などの坂道もしっかり走り込めたのであれば、勝負してみてもいいかもしれません。このコースでPBを更新できたのであれば、今シーズンのベストはさらに更新できるはずです。

逆に、あまり走り込めておらず準備が間に合っていないのであれば、前半フラット部分だけしっかり走り、後半はトレーニングに切り替えるという組み立てがいいかもしれません。

攻略ポイントはもちろん後半なのですが、長州出島突端の折り返してからの2つのアップダウンが肝になります。30km以降のアップダウンを攻略するには、長州出島のフラット2km部分で一呼吸し、うまく補給できるか否かにかかってきます。
29kmエイドでは、素麺やゼリーなども提供されているので、ここを中心にしっかり補給します。しっかりといっても食べ過ぎ、飲み過ぎには注意です。
ここで上手に補給できれば、以降の勾配でもペースダウンを抑えて走れるはずです。

Sponsored link

関連記事