【攻略】東京マラソン 2016

10回目の節目大会であり、オリンピック代表選考も兼ねた東京マラソン2016。過去を振り返り分析、ポイントを探った。

大会要項

東京マラソン2016大会要項が発表されました。開催日は2016年2月28日、フル枠は1000人増加となり3万6500人の参加者を募集。本大会は2016リオデジャネイロオリンピック/パラリンピックの代表選考競技会でもあるため、国内トップ選手の多くの参加が見込まれています。一般申込開始は8月1日。ボランティア募集は12月上旬から。東京マラソン2016より多言語対応ボランティアの募集も行われます。

フルマラソンは36,500人 は日本一の定員

マラソン募集(大会当日19歳以上、合計36,500人)
対象者申込期間資格
一般8月1日〜31日6時間40分以内に完走できる
準エリートRUN as ONE推薦
エリート12月から陸連推薦
車いす(一般)8月1日〜31日2時間10分以内に完走できる
車いす(エリート)12月から陸連登録かつIPC公認大会で、男子1時間50分以内、女子2時間以内の記録
公式クラブ有料会員7月1日〜31日3000人先着
チャリティー7月1日〜10万円以上の寄付、3000人先着
10km募集(500人)
対象者大会当日の年齢条件
ジュニア&ユース16歳から満18歳まで1時間30分以内に完走できる
視覚障害者16歳以上1時間30分以内に完走できる
知的障害者16歳以上1時間30分以内に完走できる
移植者
(臓器移植者、骨髄移植者)
満16歳以上1時間30分以内に完走できる
車いす16歳以上35分以内に完走できる

参加料金と抽選倍率

参加料金は2015年と同じです。申込は下記から

申込多数の場合は抽選となり(抽選必須)9月下旬に結果が通知されます。一般枠は今年も10倍程度の申込となる見込み。有料会員でも9倍程度の申込となっています。

参加料
マラソン国内 10800円 海外 12800円
10km国内5600円 海外6700円

過去の抽選倍率(参照 wikipedia 東京マラソン)
回数一般有料会員10km
第1回3.1倍3.5倍
第2回5.2倍5.2倍
第3回7.5倍7.1倍
第4回8.5倍13.1倍
第5回9.2倍13.6倍
第6回9.6倍1人 – 5.4倍
ペア – 1.9倍
2.9倍
第7回10.3倍8.2倍2.6倍
第8回10.3倍9.1倍2.4倍
第9回10.7倍9.4倍2.3倍

RUN as ONE 枠が拡大

2015大会において実施されたRUN as ONE 枠が今回も設けられています。準エリート(国内)枠の他に、2016大会から新たに、準エリート(国外)の募集と、一般ランナーを各大会から選出。各大会の入賞者が集まるので走者のレベルは向上しています。マラソン大会の総本山といったところ。

RUN as ONEプログラム枠
項目準エリート(国内)準エリート(国外)一般
対象者国内在住
国籍不問
陸連登録
国内在住
国籍不問
条件提携陸上競技協会・提携大会からの推薦IAAF、AIMS公認大会にて基準タイムをクリア提携大会(100大会)からの選出
基準タイム男子3時間40分以内
女子2時間55分以内
男子3時間40分以内
女子2時間55分以内
人数各都道府県から50人程度各大会から3人程度

関連記事