【攻略】ぐんま県民マラソン

これまでのハーフから距離を伸ばし、初めてフルマラソン種目を追加したぐんま県民マラソン。そのコースはいかに?

今回で25回目となるぐんま県民マラソンは、これまでのハーフ大会から初めてフル種目を追加しています。

初めてのフルマラソン開催

スタートは8時

人気は上々で5000人の定員はすぐにうまりましたが、首都圏からの集客を考えるともう少しスタート時間を遅らせてもよかったのではないかと思います。
前日当日の受付は無く、計測チップ等は事前に送付されるため当日現地入りする参加者は多いはずです。
東京or新宿から始発に乗り、前橋からシャトルバスに飛び乗ればギリギリスタート8時に間に合うかもしれませんが、全く時間に余裕がありません。
首都圏からの参加者は、前泊か車でのアクセスを選択するでしょう。

ランナーストップ対応

渋滞緩和のために、以下の地点で先頭選手通過から一定時間経過した後に、審判員・警察官・大会役員等によりランナーストップを行う場合があるようです。
●27.8km地点(高崎市貝沢町交差点)
●34.8km地点(前橋市箱田町北交差点)
時間指定がないため、どの程度のランナーを対象としているか未知数です。
ストップをかけられての関門アウトや公認記録というのに参加者は納得するのでしょうか。

また、当日の状況次第では来年以降はコース変更になるかもしれません。
コースについては後ほど詳解しますが、市街地ではかなり狭いところや一般道ではない工場内などを通しており、運営側としてはなかなか苦しい対応です。

給水、エイド、トイレは充実

給水23箇所です。約2km毎にスポドリか水の提供される予定です。群馬の11月ってそんなに暑いんでしょうか?
夏ならまだしも、秋にこれだけの給水対応はちょっと多めですね。
マラソン定員5000人なので、エイド混雑で水が取れなかったなんて人は少ないはずです。

また、給食は11箇所です。16kmから食べ物(特産品)の提供が始まります。通常ハーフを過ぎてから給食提供する大会が多いので、なかなかの太っ腹です。
トイレも多く全15箇所。約3km毎に用意されています。

気象データ

前橋の過去の気象データによると、2010年にはまとまった雨量を観測していますが、例年10月末から11月初旬にかけて雨は少なく降っても少量です。
明け方の気温は、10度前後と寒いですが、9時には15度前後となり、晴れていれば昼には20度前後まで気温は上がります。

日付 時刻 天候 気温(℃) 湿度(%) 風向 風速(m/s) 降水量(mm) 平均気温 最高気温 最低気温
2011.11.1 8時 快晴 13.2 48 北北西 2.9 - 15 21.8 10.2
12時 薄曇 19.4 38 南南東 2.4 -
2012.11.1 8時 8.7 72 北西 2.8 - 11.8 16.8 6.5
12時 快晴 15.8 55 南東 2.8 -
2013.11.1 8時 12.3 59 西北西 5.5 - 14.5 21.7 9.8
12時 薄曇 19.9 33 北西 2.8 -
2014.11.1 8時 13.8 91 北西 1.9 1.0 14.7 16 13.6
12時 15.7 88 北西 1.4 0.5

大会要項

名称 ぐんま県民マラソン
開催日 11月3日(祝・火)
スタート フルマラソン 8:00、10km 8:40、リバーサイドジョギング 11:00
制限時間 フルマラソン 6時間、10km 1時間30分、リバーサイドジョギング
種目 フルマラソン(公認) 、10km(公認)、リバーサイドジョギング4.2km
定員 フルマラソン5000人 、10km4000人、リバーサイドジョギング6000人
参加料金 フルマラソン8000円 10km4000円(中高2000円) ジョギング2500円(高校以下1000円)
大会要項詳細リンク http://www.kenmin-m.com/about/guide.html

次のページは、コース解説です

Sponsored link

関連記事