いびがわマラソン

【攻略】いびがわマラソン

日本一のハードコース(Qちゃん談)なのに、美しい渓谷とおもてなしがランナーを魅了してならない大会。まずはエントリー攻略が第一歩です

満足度の高い大会

毎年ヒートアップしているマラソン大会のエントリー合戦。今年は、いびがわマラソン21分、つくばマラソン30分で定員となりました。この合戦(戦う以前に繋がらない)は本当にどうにかして欲しいものですね。。
いびがわマラソンは、参加したランナーの満足度が非常に高い大会です。
その魅力は下記3点です。

1.ハードだが美しいコース
2.地元の応援が暖かい
3.大会運営がしっかりしている

ここのところ大会当日は雨が降っていますが、それでもまた是非参加したいと言うランナーが後を絶ちません。
NHKのランスマに取り上げられてからさらに人気を加速させているようです。
コースの魅力だけでなく、応援者、エイド、運営側の努力も素晴らしく、他の大会でも是非参考にしてほしい取組みが沢山あります。
大会当日の駐車場、更衣室、トイレなどは1万人規模の大会のわりにスムーズで特にストレスを感じることはありません。

問題点といえば、田舎であること。車がないと何かとたいへんです。
なにもないところですので、急に薬などを揃えようと思ってもその手段がありません。
事前に準備してから会場入りするようにしましょう。

大会要項

名称 いびがわマラソン
開催日 2015年11月8日(日)マラソンスタート10時(制限時間5時間30分)、ハーフスタート10時40分(制限時間3時間)
種目 マラソン(日本陸連公認コース)、ハーフ(日本陸連公認コース)
定員 マラソン 6,000人、ハーフ 4,000人
参加料金 マラソン 6,000円、ハーフ 5,000円
関門 マラソン3カ所
8.6km関門 ー 1時間10分
20.0km関門 ー 2時間40分
33.9km関門 ー 4時間30分、ハーフ1カ所
8.4km関門 ー 1時間10分
大会要項詳細リンク http://ibigawa-marathon.jp/outline/

次のページでは完走率と大会記録を見てみます

【次ページ】過去の大会データ

Sponsored link

関連記事