今年の富士登山競走の変更点

関門の時間設定、ゴール制限時間が厳しくなっています。

人気の富士登山競走。新たに関門の設定や制限時間が見直されています。

変更点まとめ

1.5号目コースの馬返関門

今年の第69回大会より、五合目コースにおける馬返でスタート2時間の関門が設定されます。
67回、68回大会で馬返を2時間以上かかって通過した人は、全員五合目ゴールに辿りつけずリタイア、そのうち数名が救護を要請、救護係員による担架での搬送や、選手の肩を支えながら下山を行う必要があり、大変な負担となっていたため。

2.山頂コースの資格基準見直し

これまで山頂コースの参加資格は、五合目関門通過時間が2時間30分以内でしたが、今後は2時間25分に変更。

3.山頂コースの関門時間変更

山頂コースの五合目関門時間は、これまでスタートから2時間20分以内だったところを2時間15分に変更。

変更点詳細はこちらから

大会要項

名称第69回富士登山競走
開催日2016年7月22日(金)
種目山頂コース21km(獲得標高3000m)、五号目コース15km(獲得標高1480m)
スタート山頂午前7時、五号目午前8時30分
制限時間山頂4時間30分、五号目3時間30分
関門山頂コース
五号目9時20分、八号目11時
五号目コース
馬返10時30分
定員山頂コース2500人、五号目コース1276人(合計3776人)
市民ランナー枠50人
大会推薦枠20人
外国人枠50人
アスリート枠
参加料金山頂コース15000円、五号目コース10000円
受付不要
大会要項詳細リンクhttp://www.fujimountainrace.jp/forms/info/info.aspx?info_id=38346

関連記事