【攻略】読売犬山ハーフマラソン2016 記録を狙えるコース

木曽川沿いからは国宝・犬山城の天守閣を仰ぎ見ながら走ることができます

国宝・犬山城下の日本陸連公認コースを走る「第38回読売犬山ハーフマラソン」。木曽川沿いからは国宝・犬山城の天守閣を仰ぎ見ながら走ることができます。コースはフラットで記録を狙える大会です。

犬山ハーフマラソンまとめ

  • 走りやすいコースとおもてなしが人気で今年も過去最多10,691人がエントリー、9年連続参加者が増えています。
  • スタート時間を申告時間別に、豪傑、猛者、つわもの、初陣と4部門に分け、4分毎にウェーブスタートと工夫しているので最初の混雑は少なく走りやすい。
  • 大会名物のおもてなしコーナーは今年も充実、24ブースに60品目以上が並びます。ランナーはゼッケンに印刷された300円のクーポン券で買い物ができます。
  • 参加賞は、ミズノ特製スポーツタオル、犬山銘菓「げんこつ飴」(きなこぼー)、サントリーダカラ


げんこつ飴きなこぼー
げんこつ飴きなこぼー

大会要項

名称第38回読売犬山ハーフマラソン
開催日2016年2月28日 (日)
種目ハーフ(公認)、10km(公認)
スタートハーフ9:53からウェーブスタート、10km 9:45
制限時間ハーフ2時間30分、10km 1時間05分
関門ハーフ5箇所、10km2箇所
定員1万人
参加料金ハーフ5000円 10km4500円
給水5km、6km、10km、15km
距離表示1km毎
更衣室会場に更衣室あり、犬山市体育館も利用可能
荷物預かりあり(貴重品を除く)
受付ナンバーカード事前送付
参加賞ミズノ製品など
大会要項詳細リンクhttp://www.inuyamahalf.com/guideline/

コースとポイント

犬山市街地から田園地帯と日本ライン、木曽川沿いを走る平坦で記録を狙えるコースです。ベストを狙うならココという人が多いため気合の入ったランナーが多数います。

ウェーブスタートのため混雑は少ないのですが、1万人規模の大会なのでスタート直後や前のグループに追いついたりした場合などは多少は混雑します。

道幅が狭いところがあるので、抜きにくい場所があります。記録を狙うのであれば、部門の前方からスタートしましょう。

ハーフコース
ハーフコース

10kmコース
10kmコース

招待選手

期待の若手が集まっています。折り返しで彼らの走りを見て奮起しましょう。上位争いも見ものです。

男子ハーフ招待選手

No.氏名所属ハーフ記録補足
1熊崎 健人SGホールディングス1:03:31箱根駅伝 帝京大4位
2小早川 健東洋大学1:03:17
3岩崎 祐樹セキノ興産1:03:27順天堂大
4高月 智生駒澤大学1:06:18
5藤井 啓介トヨタ自動車1:03:54箱根駅伝3回 中央学院大
6吉村 光希NTN1:04:25
7阿宗 高広愛三工業1:02:36箱根駅伝3回 国士舘大
8河合 代二トーエネック1:06:54麗澤大
9彦坂 要愛知製鋼1:05:11前回5位
10塩谷 潤一滝ヶ原自衛隊1:05:13箱根駅伝3回 中央大学
11菅原 勇聖東洋大学29:51(10km)

女子ハーフ招待選手

No.氏名所属ハーフ記録補足
21浅野 里奈愛知電機1:14:47亀山ハーフ19位

女子10キロ招待選手

No.氏名所属10km補足
31榊原 美希スズキ浜松AC33:38前回優勝
32髙木 明日加小島プレス34:27前回前々回2位

※10km男子の招待選手はありません

関連記事